本文へ移動

山頂の風~社長コラム~

社長コラム

RSS(別ウィンドウで開きます) 

防災の日

2021-09-02
荒神谷ハス

 大正12年9月1日のお昼頃、関東地方で巨大地震が発生しました。10万人以上が犠牲になった関東大震災です。炊事の時間帯と重なったことで火災による被害が大きかったようですが、今年7月の豪雨で土石流が発生した熱海市付近では津波による被害も確認されています。後にこの日は地震、豪雨、台風等の災害への認識を深めるとともにその備えを実践していこうと「防災の日」と定められています。

 県内では7、8月の集中豪雨の際、出雲市内などにも避難指示が出ましたが、実際に避難するかどうか迷う場面が度々ありました。防災無線やテレビ、気象庁や民間の天気予報サイト、SNSなど、大正の時代とは違い今はあふれんばかりの情報に満ちています。その中で何が正しく必要なものか素早く選んでいく能力も必要になってきました。



7月豪雨災害

2021-08-04
荒神谷ハス
7月の豪雨災害では当社が基盤とする県東部を中心に勘大な被害が広範囲に及んでいます。
地元地域の災害ということもあり、社員の皆様には連日の猛暑の中での災害復旧業務に懸命に取り組んでいただいていること心より感謝します。
当社は間もなく創立50周年の節目を迎えますが、これからも地域とともに歩み、地域に信頼される企業を目指してまいりますのでよろしくお願いします。

SDGs

2021-07-02
荒神谷ハス

7月1日より全国安全週間が始まりました。今年のスローガンは「持続可能な安全管理 未来へつなぐ安全職場」です。「持続可能」といえば国連のSDGsを思い浮かべますが、17ある持続可能な開発目標のひとつに「住み続けられるまちづくりを」というのがあります。全ての人々に安全で安心できる社会基盤を届けていくことは我々の係わる業務にも共通します。SDGsを念頭に測量調査設計分野を通して誰もが安心して住み続けられるまちづくりを目指していきましょう。

 今年の荒神谷の古代ハスは例年より大幅に少なくなっています。アメリカザリガニによる被害だそうですが、近年外来生物による生態系や農林水産業への影響は深刻さを深めています。



梅雨入り

2021-06-04
玉峰山イワカガミ
 

先月奥出雲町亀嵩の玉峰山で見かけたイワカガミです。ジオパークに指定されている隠岐の島町奥津戸では花の大きさが一回り大きいオオイワカガミが見られるそうです。本土では山の上でしか見られない高山性の植物が海岸端で見ることができます。

 気象庁は今年の梅雨入りを5月15日頃と発表しました。平年より20日以上早い梅雨入りです。これから本格的な集中豪雨のシーズンに入りますので、災害の発生には注意が必要になって来ました。地滑りや斜面の崩壊、堤防の流失等で命や財産を失う住民の姿を見るのは心が痛みます。災害発生時の復旧復興の一翼を担っているのが我々測量設計業です。災害業務は現場作業や納期に厳しさを伴いますが、一日も早い復興に被災者の喜びを思い誇りと自信を持って取り組んで行きたいと考えています。

母の日

2021-05-10
県立美術館
5月第二日曜日は母の日です。アメリカ発祥のようですが、多くの国が「母の日」として母親に感謝する日を制定しています。母への愛情はどこの国も変わらないということでしょう。

新緑の季節になりましたが、昨年に引き続き今年のゴールデンウイークも外出の自粛が求められました。休日は疲れた体や心を休めたり、普段とは違った環境に身を置くことでリフレッシュできたりしますが、今の状況下ではなかなか思い通りになりません。しかし、日常の光景の中にも今まで気づかずにいた発見や思いがけない出会いがありますので、工夫をして楽しみを見つけてほしいと思います。

祝日法によると5月5日のこどもの日はこどもの幸福をはかると同時に母に感謝する日でもあるようです。母と子は永遠に母と子ですので、こどもの日も母の日も共通するものがあるようです。この状況下で母親に会うことが叶わない人もいると思いますが、感謝の気持ちは持ち続けてほしいと思います。
株式会社コスモ建設コンサルタント
〒699-0502
島根県出雲市斐川町荘原2226番地1
TEL:0853-72-1171
FAX:0853-72-3817
0
2
3
6
9
7
TOPへ戻る