山頂の風

 

社長コラム

社長コラム
フォーム
 
梅雨入り
2021-06-04
先月奥出雲町亀嵩の玉峰山で見かけたイワカガミです。ジオパークに指定されている隠岐の島町奥津戸では花の大きさが一回り大きいオオイワカガミが見られるそうです。本土では山の上でしか見られない高山性の植物が海岸端で見ることができます。

気象庁は今年の梅雨入りを5月15日頃と発表しました。平年より20日以上早い梅雨入りです。これから本格的な集中豪雨のシーズンに入りますので、災害の発生には注意が必要になって来ました。地滑りや斜面の崩落、堤防の流失等で命や財産を失う住民の姿を見るのは心が痛みます。災害発生時の復旧復興の一翼を担っているのが我々測量設計業です。災害業務は現場作業や納期に厳しさを伴いますが、一日も早い復興に被災者の喜びを思い誇りと自信を持って取り組んで行きたいと考えています。
 
 
母の日
2021-05-10
5月第二日曜日は母の日です。アメリカ発祥のようですが、多くの国が「母の日」として母親に感謝する日を制定しています。母への愛情はどこの国も変わらないということでしょう。
新緑の季節になりましたが、昨年に引き続き今年のゴールデンウイークも外出の自粛が求められました。休日は疲れた体や心を休めたり、普段とは違った環境に身を置くことでリフレッシュできたりしますが、今の状況下ではなかなか思い通りになりません。しかし、日常の光景の中にも今まで気づかずにいた発見や思いがけない出会いがありますので、工夫をして楽しみを見つけてほしいと思います。
 
祝日法によると5月5日のこどもの日はこどもの幸福をはかると同時に母に感謝する日でもあるようです。母と子は永遠に母と子ですので、こどもの日も母の日も共通するものがあるようです。この状況下で母親に会うことが叶わない人もいると思いますが、感謝の気持ちは持ち続けてほしいと思います。
 
新年度に向けて
2021-04-01
新年度が始まりましたが、新型コロナウイルスに翻弄された1年でした。皆さんの中には感染が拡大している地域に住むご家族を持たれ、何かと心配事の多い方もあろうかと思います。私はこの一年、人と人とのつながりの大切さを改めて感じてきました。業務上ではオンラインでの打ち合わせやリモート検尺等が始まり効率的になったところもありますが、基本はこれまで築いてきたお互いの信頼関係にあると思います。今の状況下で対面でのかかわり方が減ってきているのも事実ですので、少ない出会いの機会を大切にしてつながりを深めてほしいと思います。

斐川公園の桜も満開になりましたが、ちょっと前まで雪柳が春の訪れを告げていました。
 
 
東日本大震災10年
2021-03-03
東日本大震災から11日でちょうど10年となります。私たちは今、大規模な自然災害がいつどこで発生してもおかしくない時代に置かれています。防災訓練や避難訓練等災害への備えは重要ですが、避難生活の様子が伝えられる中に日頃からの地域の絆の大切さを改めて感じています。

島根県立美術館で建築家菊竹清訓の企画展が開催されています。菊竹は日本のモダニズム建築を牽引してきた代表的な建築家で、県内にも旧県立博物館をはじめ県立図書館、田部美術館等の作品を残しています。県立美術館も菊竹の設計ですが、ロビーから続く湖畔の広場は宍道湖と一体となり、住民や観光で訪れた人々のオアシスとなっています。平穏な日々のありがたさを思います。
 
 
笑顔を大切に
2021-02-02
災害時を除けば一年で一番忙しくなる年度末を迎えています。休日を有効に利用しストレスを溜めないようお願いします。とは言え新型ウイルスの感染収束の兆しが未だに見えない中で、不安を抱えている方も多いと思います。こんな困難な時こそ笑顔の健康効果が期待されています。医師で作家の鎌田實さんは、笑顔はストレスを緩和し免疫力を高めると言っています。今の状況下では行動範囲は限定されそうですが、家族や友人と休日を楽しんで笑顔を忘れないようにしてもらいたいと思います。

3日は立春です。梅の花もほころび始めました。暖かな春が必ず来るように、それまでは感染防止に努めましょう。
 
明けましておめでとうございます。
2021-01-05
明けましておめでとうございます。

今年は例年になく静かな正月だったと実感している方もあろうかと思います。一向に衰えを見せない新型コロナウイルスの感染状況に大雪が重なり、自宅に籠っていた方も多かったかもしれません。

今年は辛丑。辛抱強さが試されそうな字面ですね。昨年からオンラインでの講習会が大幅に増え、また、オンラインでの打ち合わせも始まっています。この流れは感染が収束した後も続くと思われますので、引き続き対応をお願いします。一方で対面でのコミュニケーションがとりにくくなりました。昨年の世相を表す漢字に「密」が選ばれましたが、3密に使われるなどあまり良い印象ではありません。しかし揮毫された清水寺の森貫主によれば「密」は心の繋がりも表しているそうですので、工夫しながらコミュニケーションをとることは非常に重要です。

今年は苦難に辛抱強く耐え、新たな変化に柔軟に対応していく姿勢が必要になりそうです。本年もよろしくお願いします。
 
はやぶさ2
2020-12-07
夜空を二つに切り分けた光跡に感動を覚えた方も多かったと思います。はやぶさ2が無事地球に帰還しました。正確には小惑星の試料が入っているとみられるカプセルを地球に届け、自身は次の惑星探査のため再び宇宙へ旅立って行ったようです。10年前の初号機の時はトラブル続きで、誰もが任務の達成をあきらめていた中での帰還でした。これらの成果はJAXAから沢山の部品メーカーに至るまで高度な技術力に支えられていたと思いますが、一人ひとりの力を何倍にも押し上げたチームワークにも目を向けるべきです。トラブルや失敗は仕事にはつきものです。困難を克服する為にも日頃からチームで仕事をしているという自覚を持つことが大切です。

7日は二十四節気の一つ大雪です。本格的に雪の季節に入りましたが、例年になく暖かな日が続いています。しかしながら山陰の天気は気まぐれですので、油断することなく雪に対する準備をお願いします。
 
斐川文化祭
2020-11-04
今年予定されていた様々な催し物の多くは、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で中止や延期に追い込まれています。最近になって少しずつですが、感染防止対策を徹底して再開されつつあります。昨日まで斐川文化祭が行われていましたが、文化活動も制限を受けながらの活動で関係者の苦労が偲ばれました。規模も縮小された中でしたが、出品者の情熱あふれる作品に触れ、終息への希望を強く感じました。

年末が近づき慌ただしさが増してくる時期となりました。県内では先月、業務委託現場で死亡事故が発生しています。もう一度原点に返り安全管理を徹底していただきますようお願いします。

斐川文化祭では当社社員の作品の展示もありました。仕事を離れたところで心の余裕を持つことも大切だと思いました。
 
 
第48期
2020-09-02
朝夕の涼しさを感じる季節になってきましたが、日中はまだまだ暑い日もありますので体調管理には気が抜けません。
 
第48期の決算について皆さん一人ひとりの努力の結果・・・中略・・・今後も引き続き原価管理を徹底していただくようお願いします。

10月1日から全国労働衛生週間が始まっています。これにあわせてフクダグループの安全大会がおよそ3か月遅れで行われました。新型コロナウイルスへの感染防止対応で規模を縮小しての開催となりましたが、安全への意識を全社員が共有し高めていく重要な機会だと認識しています。絶対に事故は起こさないという強い意志を持ち続けなくてはならないと再確認しました。
 
 
2020夏
2020-09-02
今年は水郷祭や出雲神話まつりなど大規模な花火大会が相次いで中止となってしまいました。自粛ムードが広がる中ですが、新型コロナウイルスと懸命に戦っている医療従事者に感謝の気持ちを込め、また短い夏休みを家で過ごさざるを得ない子供たちを励まそうと全国各地で小規模の花火が上がっています。ほとんど事前告知もなく短い時間ですので、打ち上げに遭遇することは稀です。そんな中、荘原や出東地区にお住まいの方は突然の打ち上げ音に玄関を飛び出された方も多いと思います。夜空に一筋の尾を引き大きく花開く光景には誰もが勇気づけられます。

9月1日は防災の日ですが、今年は防疫対策も同時に進めなくてはなりません。
災害復旧業務等屋外での作業は猛暑と合わせ前例のない対応となりますが、体調管理には充分注意していただくようお願いします。

 
qrcode.png
http://cosmoc.jp/
モバイルサイトにアクセス!
024146
<<株式会社コスモ建設コンサルタント>> 〒699-0502 島根県出雲市斐川町荘原2226番地1 TEL:0853-72-1171 FAX:0853-72-3817