山頂の風

 

社長コラム

社長コラム
フォーム
 
明けましておめでとうございます。
2020-11-04
明けましておめでとうございます。

今年は例年になく静かな正月だったと実感している方もあろうかと思います。一向に衰えを見せない新型コロナウイルスの感染状況に大雪が重なり、自宅に籠っていた方も多かったかもしれません。

今年は辛丑。辛抱強さが試されそうな字面ですね。昨年からオンラインでの講習会が大幅に増え、また、オンラインでの打ち合わせも始まっています。この流れは感染が収束した後も続くと思われますので、引き続き対応をお願いします。一方で対面でのコミュニケーションがとりにくくなりました。昨年の世相を表す漢字に「密」が選ばれましたが、3密に使われるなどあまり良い印象ではありません。しかし揮毫された清水寺の森貫主によれば「密」は心の繋がりも表しているそうですので、工夫しながらコミュニケーションをとることは非常に重要です。

今年は苦難に辛抱強く耐え、新たな変化に柔軟に対応していく姿勢が必要になりそうです。本年もよろしくお願いします。
 
はやぶさ2
2020-11-04
夜空を二つに切り分けた光跡に感動を覚えた方も多かったと思います。はやぶさ2が無事地球に帰還しました。正確には小惑星の試料が入っているとみられるカプセルを地球に届け、自身は次の惑星探査のため再び宇宙へ旅立って行ったようです。10年前の初号機の時はトラブル続きで、誰もが任務の達成をあきらめていた中での帰還でした。これらの成果はJAXAから沢山の部品メーカーに至るまで高度な技術力に支えられていたと思いますが、一人ひとりの力を何倍にも押し上げたチームワークにも目を向けるべきです。トラブルや失敗は仕事にはつきものです。困難を克服する為にも日頃からチームで仕事をしているという自覚を持つことが大切です。

7日は二十四節気の一つ大雪です。本格的に雪の季節に入りましたが、例年になく暖かな日が続いています。しかしながら山陰の天気は気まぐれですので、油断することなく雪に対する準備をお願いします。
 
斐川文化祭
2020-11-04
今年予定されていた様々な催し物の多くは、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で中止や延期に追い込まれています。最近になって少しずつですが、感染防止対策を徹底して再開されつつあります。昨日まで斐川文化祭が行われていましたが、文化活動も制限を受けながらの活動で関係者の苦労が偲ばれました。規模も縮小された中でしたが、出品者の情熱あふれる作品に触れ、終息への希望を強く感じました。

年末が近づき慌ただしさが増してくる時期となりました。県内では先月、業務委託現場で死亡事故が発生しています。もう一度原点に返り安全管理を徹底していただきますようお願いします。

斐川文化祭では当社社員の作品の展示もありました。仕事を離れたところで心の余裕を持つことも大切だと思いました。
 
 
第48期
2020-09-02
朝夕の涼しさを感じる季節になってきましたが、日中はまだまだ暑い日もありますので体調管理には気が抜けません。
 
第48期の決算について皆さん一人ひとりの努力の結果・・・中略・・・今後も引き続き原価管理を徹底していただくようお願いします。

10月1日から全国労働衛生週間が始まっています。これにあわせてフクダグループの安全大会がおよそ3か月遅れで行われました。新型コロナウイルスへの感染防止対応で規模を縮小しての開催となりましたが、安全への意識を全社員が共有し高めていく重要な機会だと認識しています。絶対に事故は起こさないという強い意志を持ち続けなくてはならないと再確認しました。
 
 
2020夏
2020-09-02
今年は水郷祭や出雲神話まつりなど大規模な花火大会が相次いで中止となってしまいました。自粛ムードが広がる中ですが、新型コロナウイルスと懸命に戦っている医療従事者に感謝の気持ちを込め、また短い夏休みを家で過ごさざるを得ない子供たちを励まそうと全国各地で小規模の花火が上がっています。ほとんど事前告知もなく短い時間ですので、打ち上げに遭遇することは稀です。そんな中、荘原や出東地区にお住まいの方は突然の打ち上げ音に玄関を飛び出された方も多いと思います。夜空に一筋の尾を引き大きく花開く光景には誰もが勇気づけられます。

9月1日は防災の日ですが、今年は防疫対策も同時に進めなくてはなりません。
災害復旧業務等屋外での作業は猛暑と合わせ前例のない対応となりますが、体調管理には充分注意していただくようお願いします。

 
 
子供は遊びの天才
2020-08-04
例年になく長い梅雨も終わり子供たちも夏休みに入りました。残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響で夏休みの計画も立てられず困っている方も多いと思います。全国一斉に緊急事態宣言が出されていた時期と違い、今は感染拡大の防止と経済活動の両立が求められています。政府や自治体は一斉の自粛で大きなダメージを受けている業種を重点的に支援し、様々なキャンペーンを展開して経済の立て直しに懸命になっています。私たちも基本的な感染防止対策を取った上で住んでいる地域の身近なところから協力していきましょう。

子供は遊びの天才といわれますが、自然の中で遊ぶ子供たちを見るとそのことを強く感じます。夏祭りや花火大会など多くのイベントは中止や延期になりましたが、田舎には自然が作った遊び場がたくさんあります。虫取りや水遊びに夢中になっている子供たちの笑い声はウイルス禍で滅入った気持ちを和ませてくれます。
 
 
荒神谷梅雨
2020-07-01
3か月ぶりの月例会の開催となりました。社員の皆様には緊急事態宣言下、社員旅行を始め社内イベントの中止や遠方への移動の自粛、夜の街の行動制限等様々な形で新型コロナウイルス感染防止にご協力頂きました。これまでのところ皆さんや皆さんの御家族の中に感染者の報告はなく安堵しているところです。しかしながら宣言解除後ひと月以上経過しますが、東京やその周辺の都市部では感染者数が高止まりしているのが実状です。県境を越えた移動が緩和されてきていますので、地方にいても感染のリスクは高くなってきています。これまで通り基本的な感染防止対策を念頭に自分の身を守る行動をお願いします。

令和2年度の全国安全週間が7月1日から始まっています。職場の安全は企業の発展永続につながります。原点に返り労働災害の防止に努めましょう。

荒神谷では古代ハスが見頃を迎えています。アジサイや睡蓮の花も疲れた心を癒してくれます。
 
 
麦秋
2020-06-01
昨年蒔いた麦は冬を乗り越え暖かくなるとともに成長し、先月は黄金色の光を放ちながら風に揺れていました。斐川町内でも栽培面積が広がり一大生産地になったように思います。麦といえばビアガーデンの生ビールが恋しくなる季節になりました。
しかし、今年は自宅で我慢の日々が続いています。

麦は寒い時期に麦踏みをすると、霜柱による凍害を防止したり成長したときの倒伏を防止したりする効果があるといわれています。パンやうどん、麦茶やビールなどに姿を変えて私たちのもとに届いている麦ですが、踏まれながらも大きく成長している姿はたくましく思えます。

私たちも今ちょうど踏まれているところでしょうか。このウイルス禍を乗り越えた先にはよりたくましく成長していると信じ、今は一人ひとりが感染防止に努めましょう。
 
 
2020-05-08
私も見たという方、多いのではないでしょうか。連休中の夕方、東の空に大きな二重になった虹が見えました。虹を見ると思い出すのが、米映画「オズの魔法使」の中でジュディ・ガーランドが歌っていた「虹の彼方に」という歌です。希望を持ち目標を追い続ける主人公ドロシーの姿が、今のウイルス禍を乗り越えようとする世界中の人々と重なりました。

緊急事態宣言が島根県にも引き続き発令されています。制限のかかる生活が続きますが、感染拡大防止への協力をよろしくお願いします。
 
 
清明
2020-04-01
清明、二十四節気の一つですべてのものが清らかで生き生きとする季節になりました。しかし、日本を含め世界中で猛威を奮っている新型ウイルスが人々の心を蝕んでいます。感染しないために私たちにできることは、まずは手洗いの徹底と密集、密閉、密接を避けることです。感染拡大が終息するまで不自由な生活が続くと思いますが、協力をお願いします。

斐川公園では一週間程前にはハクモクレンと入れ替わるように桜が咲き始めていました。
 
qrcode.png
http://cosmoc.jp/
モバイルサイトにアクセス!
021637
<<株式会社コスモ建設コンサルタント>> 〒699-0502 島根県出雲市斐川町荘原2226番地1 TEL:0853-72-1171 FAX:0853-72-3817